ごくつぶろぐ「真夏の革ジャン CB1300SF by Gibson」

CB1300SF SC40と戯れるギター(主にレスポール)大好きおっさんのお戯れ日記です

瑠璃色のため息

新年も始まって一週間ですね

今週から仕事も始まりまして

まぁ最初はコレと言って大きなコト

もなくただ何となく経過していくワケ

ですが


昨日の夕方、片〇という部下が

片〇「キビ団子食います?お土産

    なんですが」

と言ってきまして

私「正月どっか行ったん?」

片〇「いえ、どこも」

というやり取りが


キビ団子 = 岡山 = 中国地方


こいつがこの方面に行ったのは・・・

11月の出張の時の筈!!

私「てめぇ11月の出張の時のヤツ

  だろッ!?」

片〇「あバレました?www」

私「団子って、餅でそんな日持ち

  したっけ?」

賞味期限を確認すると



「28.12.03」・・・(; ^ω^)



片〇「あ、まだ大丈夫です!

    2028年迄イケます!!」

私「バカ!平成28年に決まってん

  だろ!!」

賞味期限11年間有効って、どんだけ強烈な

防腐剤だよwww


私「賞味期限、もう一か月過ぎて

  んじゃん、危なくね?」


片〇「でも、まだイケますよ(もぐもぐ)」

ってコイツ食ってました(笑)



さて、新年の最初にバイクに火入れ式

やりまして



昨年より・・・いやずっと前から気に

なってたスティードのスタート時の

「ぷすん」となる燃調ため息問題


一向に修正に向かう気配もなく


キャブのジェットでも変えちゃおうかと

悩む今日この頃



でもその前に

大概調子悪く「ぷすん」ってなるのは

片方のシリンダーのみ

どっちかよく分かりませんが、両方は

なりません


ならば

20170107-1_convert_20170107155954.jpg

キャブの同調を少し触ってみよう

タンクを持ち上げて

20170107-2_convert_20170107160020.jpg
20170107-3_convert_20170107160034.jpg

一旦、プラグのチェック

う~ん、あんまり燃料濃いようには

見えないけどなぁ・・・

バックファイヤーとかは無いし

症状的にはやっぱ燃料が濃いように

しか思えません

20170107-5_convert_20170107160101.jpg


20170107-4_convert_20170107160047.jpg

フレームの間から2個のキャブを

繋いでいるようなネジ

下段画像の真ん中から少し右側に

写っているネジをエンジン掛けて

右や左に回します


ホントはバキュームゲージでもありゃ

イイんですが、持ってませんので

音と回転の感覚のみで調整

(コレがダメなんでしょうね)

何となく左右のバランスが合って

回転が滑らかで、且つチョーク引っ

張ってもエンストしないあたりに

アタリをつけて調整

20170107-10_convert_20170107160215.jpg

20170107-11_convert_20170107160227.jpg

パイロットスクリューで細かい調整

して(ほぼ気休め)

20170107-8_convert_20170107160148.jpg

20170107-9_convert_20170107160202.jpg

スロットルストップスクリューで

アイドリング調整

あんまり低すぎるとエンストしそうに

なるし、高すぎるとスタート時の燃料

濃くなるような気がしますんで

20170107-6_convert_20170107160122.jpg

20170107-7_convert_20170107160135.jpg

プラグチェック


白っぽく見えますが、地金の色が

出てるだけです


最初とそんなに変わらないwww


試走!!


20170107-12_convert_20170107160239.jpg

う~ん

「ぷすん」は出なくなりました


でもアイドリングが十分すぎてるから

かもしれない


走っているエンジンの回転の滑らかさは

前より良くなったような気が・・・


取りあえずコレで様子見だな



ハァ~やっぱ分かんないなぁ・・・


素人じゃこの辺りからが厳しいん

ですよねぇ


まぁそれはさておき


今から近所の友人達との新年会に

行ってきますので


それでは(@^^)/~~~

スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

バイク | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Winter again | ホーム | 2017年 新年のご挨拶>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |