FC2ブログ

ごくつぶろぐ「真夏の革ジャン CB1300SF by Gibson」

CB1300SF SC40と戯れるギター(主にレスポール)大好きおっさんのお戯れ日記です

火曜サスペンション劇場

あ、今日はもう土曜日でしたね

昨日、家族と弟夫婦でBBQした

んですけどね



風強いから、倉庫の中でやったん

ですが


親父が自分トコにあった炭使えって

出して来たんですけど、中々火が

点かなくて


ガスバーナー使って着火したんです

けど、湿気ってるのか火が燃え移ら

なくて、中々肉も焼けないんですよ


手っ取り早くバーナーで炙って焼く

という、何だかわからないBBQ

でした


本日、土曜日は最近気になってた

20180505-2_convert_20180505185505.jpg

スティードのフロントサス左側の

オイル漏れの処置を行おうと思い

ます

20180505-3_convert_20180505185517.jpg

裏側にしっかり漏れた跡

ブレーキのキャリパー迄オイル

まみれ


危なくブレーキ不能になるトコでした

20180505-4_convert_20180505185528.jpg

台架って、ジャッキでフロント上げて

タイヤ外します

20180505-5_convert_20180505185540.jpg

フォークボルト外すとドブのような

臭いが・・・

20180505-6_convert_20180505185555.jpg

オイルもドブ色で、臭っせぇー!!

20180505-7_convert_20180505185606.jpg

フォークシール部分にはオイルが

漏れた痕跡

20180505-8_convert_20180505185617.jpg

ボトムケースの底で止めてある

ソケットボルトを抜くんですが

六角レンチ挿して鉄パイプで柄を

長くして回したら、案外すんなり

ボルトが緩みまして

20180505-9_convert_20180505185629.jpg

後は以前作った専用冶具を

挿してシートパイプの供回りを

防いで分解

20180505-10_convert_20180505185641.jpg

オイルシールを確認


何か外側がベカベカしてます


ココからオイル漏れたのかなぁ・・・

20180505-11_convert_20180505185654.jpg

インナーチューブも確認

点錆びがいくつも見られます


コレがオイルシール内側を傷つけた

可能性もあります


錆びは形状が鋭利に尖ってる

コトもあり、シール部分の大敵

20180505-12_convert_20180505185707.jpg

取りあえずはクロームクリーナーで

錆びを取って

20180505-13_convert_20180505185719.jpg

2000番の耐水ペーパーで横方向に

慣らします

縦ではなく横方向ですね

20180505-14_convert_20180505185733.jpg

各パーツをキレイに拭き拭き

ホントなら灯油で洗いたかったトコ

ですが、生憎家の灯油は春前に

使い切っちゃったんで、パーツ

クリーナーでキレイにしました

20180505-15_convert_20180505185748.jpg

シーリングワッシャー買い忘れて

ましたんで、今までのヤツを使い

回し

ソケットボルトにネジロック付けて

20180505-16_convert_20180505185802.jpg

ボトムケースとくっつけます

先程の冶具が再登場

20180505-17_convert_20180505185817.jpg

で、今回はシールの打ち込みに

塩ビパイプの40mm直径の50cmを

購入、ハンマーで打つ部分に

パイプのエンド部分のパーツを

使います


前回は塩ビのパイプを半分に

切った自家製冶具だったんですが


コレがそもそもオイルシールが

ズレて打ち込まれた原因となって

オイル漏れを引き起こしたんじゃ

ないかと考えまして

20180505-18_convert_20180505185830.jpg

ごく一般的なやり方でまずは

ガイドブッシュを打ち込みました

20180505-19_convert_20180505185843.jpg

続いてオイルシールを打ち込み

ますんで、インナーチューブに

ラップを被せます


先に錆は全て除去して慣らし

ましたが、万一シールを傷付ける

コトの無いよう念には念を入れ

20180505-20_convert_20180505185856.jpg

オイルシール内側にシリコングリス

塗りたくって、ロゴマーク側を上に

20180505-21_convert_20180505185908.jpg

インナーチューブに差し込みます

20180505-22_convert_20180505185920.jpg

先程の塩ビパイプで再度均等に

打ち込み

20180505-23_convert_20180505185932.jpg

スナップリングを止める溝が見え

るトコまで打ち込みます

20180505-24_convert_20180505185944.jpg

スナップリングが「カチッ!」と

ハマればOK

20180505-25_convert_20180505185956.jpg

ダストシールをハメれば組み立て

完了

20180505-26_convert_20180505190009.jpg

右側はオイル漏れしていないんで

オイルだけ交換


こちらも色はドブ色ですが、臭いは

殆どありません


前回のオーバーホールから約3年


左右でコレ程違っちゃうもんです

かねぇ~

20180505-27_convert_20180505190023.jpg

今回もオイルはYAMAHA製


なにせ安いもんですから・・・


でも1,800円もするんですよ

20180505-28_convert_20180505190036.jpg

規定量は463cc


取りあえず455ccを測って

20180505-29_convert_20180505190049.jpg

ゆっくり泡立たないように流し

込みます

20180505-30_convert_20180505190102.jpg

ノギス使って93mmのゲージを

急場凌ぎ作製

20180505-31_convert_20180505190115.jpg

94mmで飛び出してるんで、1mm

浸かればOKってことで

20180505-32_convert_20180505202541.jpg

少しずつ注ぎ足して、既定の

高さでオイルが付着したんで

コレで良しっと

同じように右側にもオイルを入れて


高さは右は95mmで設定


規定量のオイルが入ったら各

パーツを入れ再度組み立てて

完成

20180505-33_convert_20180505202558.jpg

フロントアクセルシャフトにグリスを

たっぷり塗って

20180505-34_convert_20180505202614.jpg

フロントタイヤ位置を合わせて

タイヤを装着

20180505-35_convert_20180505202627.jpg

最後に地面に降ろしてから各所

増し締め


この鉄パイプが何かと緩めたり

締めたりに役立ちます

20180505-36_convert_20180505202641.jpg

それでは少し試走り


おぉ!フロントの接地感やショックの

収束感が全然違う


新車のバイクみたいだ!!

(23年前の新車ですが)


コーナーリングどうこうってバイクじゃ

ないですけど、コーナーリングも

吸いついて曲がる感があります

20180505-37_convert_20180505202654.jpg

うん、漏れも無いし


心配事が一つ解消


あぁー、何処も出かけない連休だ






スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

STEED400 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<お詫び | ホーム | SUMMER SUSPICION>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |