FC2ブログ

ごくつぶろぐ「真夏の革ジャン CB1300SF by Gibson」

CB1300SF SC40と戯れるギター(主にレスポール)大好きおっさんのお戯れ日記です

FULL TOURING ピリオドの向こうへ

毎年、8月になるとズル休みして

長野県のビーナスラインの方へ

ツーリング行ってるんですが


今年は部署も変わったし、忙しくて

行けなかったんですね


でも行かずのままで終わるのも

由美子なんで・・・



違った、癪なんで今日行って

きました



朝5:30に近所のセルフスタンドで

給油


夏用メッシュジャケットですが

やや汗ばむ程の気温


まだまだ秋は遠い

20180924-2_convert_20180924214513.jpg

東に行く時ゃ定番の国道1号線BP

20180924-3_convert_20180924214540.jpg

興津から52号線へ入りまして

20180924-4_convert_20180924214604.jpg

静岡県から山梨県へ

20180924-5_convert_20180924214619.jpg

知らない間に道の駅「なんぶ」

なんてのが出来てまして


今度来てみよう

20180924-6_convert_20180924214632.jpg

釜無川を渡ったら20号線、甲州

街道に入ります


家を出発した頃は汗ばんでたのに

この辺り来たら、もう気温下がって

寒いんですよ~

あービックらした(;^ω^)

20180924-6_convert_20180924214632.jpg

いつもこのルートは真夏か真冬

しか通りませんので、秋の気配が

漂うこの時期は新鮮ですね

20180924-7_convert_20180924214651.jpg

すぐに長野県へ入ります

20180924-8_convert_20180924214705.jpg

道の駅「蔦木宿」


一昨年だったかな、ここでスティードの

スターターリレーが一時的に不動と

なってJAF呼んで、あーでもない

こーでもないしてたら急に動いて


慌てて帰宅した場所なんですよ


スティードからしたら、ココより遠くに

行ったコトない

前回はスティードにとってココが

ピリオド


正に「未知の駅」なんですね

20180924-9_convert_20180924214719.jpg

無事エンジンも掛かり更に20号線を

北上

20180924-10_convert_20180924214734.jpg

茅野市に入って白樺湖方面、通称

ビーナスラインへ向かいます

20180924-11_convert_20180924214748.jpg

途中で給油して大門街道へ

20180924-12_convert_20180924214802.jpg

ワインディングを走り抜け、車山

スキー場方面へ


スティードはコーナーが得意じゃ

ないんでステップ擦りまくりで


20180924-13_convert_20180924214815.jpg

白樺湖横を通り抜け

20180924-14_convert_20180924214831.jpg

再びビーナスラインへ

この山の向こうがスキー場なんですが

20180924-15_convert_20180924214845.jpg

20180924-16_convert_20180924214859.jpg

夏に来ると、すんげぇ~鮮やかな

緑の絨毯なんですが、この季節

もう枯葉状態ですね


寒いワケだ(笑)

20180924-17_convert_20180924214914.jpg

道の駅「霧ヶ峰」のところを右折

美ヶ原を目指します

20180924-18_convert_20180924214927.jpg

なんか、もう一段階気温が下がった

ような・・・


先程寄った道の駅「蔦木宿」でTシャツ

1枚着こんだんですよ


地元は暑くても、この辺は抜かり

無いんですよ私


木々の間のワインディング走って

いると、突然目の前の道を何かが

コロコロコロ~っと転がりまして


どうやら前の車に衝突した小鳥の

ようで


危なく踏んじゃうトコでした


まぁ踏まなくても、もうご臨終だと

思いますが

20180924-19_convert_20180924214941.jpg

美ヶ原高原美術館方面へ右折

暫く進むと

20180924-20_convert_20180924214955.jpg

フジサンケイグループのマークが

入った美ヶ原高原美術館が見えて

来ます

20180924-21_convert_20180924215011.jpg

なるべくバイクが密集していない

トコに停めて・・・


別に400ccだからって引け目なんて

感じてないですけどね



ハーレーの方々に

「可哀そうに、まだ中型かぁ」とか

「早くこっち側に来ればイイのに」

とか思われるのが嫌でね


俺、別にハーレー乗りたかないもん!


思いっきり引け目じゃねぇかwwww


最近はハーレーも多いですが

ドゥカティやBMWも多いですね


日本人なら米を食え!!!


20180924-22_convert_20180924215025.jpg

20180924-23_convert_20180924215039.jpg

20180924-24_convert_20180924215053.jpg

20180924-25_convert_20180924215106.jpg

さすがこの高地まで来ると夏の気配は

すっかりなくなって本格的な秋模様です

20180924-26_convert_20180924215119.jpg

バイクもイッパイ

乗ってるライダーもオッサンいっぱい

だから秋の気配も倍増


そーゆー私もクソおっさん


若い人たちも何名かいて、バイク

人気はあるんですよね


昔ほどじゃないにしろ


さて、一つ目の用件は済んだんで

元来た道を引き返し

20180924-27_convert_20180924215133.jpg

車山スキー場へ

20180924-28_convert_20180924215147.jpg


ココへ来たからには恒例の名物

(恒例でも名物でも何でもないですが)

20180924-29_convert_20180924215200.jpg

虫のたかったアイス

通称「虫ソフト」


私はイナと蜂の子と蚕のサナギが

トッピングされたヤツに緑の粉が

振りかけられた

スーパー虫ソフトを今年もチョイス


緑の粉は抹茶ではなくユーグレナ


ミドリムシを掛けて「虫ソフト」の

メインストリームは外しません


味は毎度のコト、色んな味が喧嘩

しまくって、正直美味くは無いです


完全なネタ作りですねコレは


さて虫食ったら帰り道を急ぎます

20180924-30_convert_20180924215214.jpg

娘が夏休みに塾の合宿で泊まった

ホテル


娘に「合宿して帰ります」とライン

したらウケてました

元来た道を引き返し20号線に入って

山梨県に入ったら1本奥の裏道へ

20180924-31_convert_20180924215229.jpg

昨年もきました「金精軒」


元祖信玄餅の店だとか


結構、売り切れになってるコト多いん

ですよ

20180924-32.jpg

でも無事デカい方の10個入れをゲット

1,750円(税抜き)とイイお値段するん

ですよ


コレ買って帰って、今日一日自由に

遊んできた罪滅ぼしにします

20180924-33_convert_20180924215256.jpg

いつもならココ右折して52号線へ

戻るんですが、今日は一旦通り越し

ます

20180924-34_convert_20180924215313.jpg

つも通る方面の雲行きが怪しい


なので迂回して帰りますのでちょっと

遠回り


本日のツーリングで、スティードの

メーターがぴったりの数字になる

タイミングなんですよ

20180924-35_convert_20180924215334.jpg

ピッタリ30,000kmと900m・・・


すっかり気を抜いていてタイミングを

見落としました

20180924-36_convert_20180924215349.jpg

何とか静岡に帰って来ました


スティードも今まで来たこと無い

長距離を走りました


うん、大丈夫っぽい


あ、車検近いの忘れてた・・・

20180924-37_convert_20180924215403.jpg

Total 509.8km 26.39ℓの給油

19.31km/ℓとあんまりイイ燃費じゃ

なかったですね


途中、26km/ℓくらい記録して

ましたから


ワインディングで飛ばし過ぎたか

20180924-38_convert_20180924215454.png

毎度同じようなルートですが

あぁ疲れた


スポンサーサイト

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

ツーリング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<私は嵐 | ホーム | すみれSeptember Love>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |